▼あえて難しく教えていませんか?

■ミレニアル世代という言葉を
ご存知ですか?
アメリカで1980年~2000年に
生まれた世代を指します。

■生まれたときからコンピューターがあった
「デジタル・ネイティブ」。
SNSなどを利用した情報の収集・発信を得意とし、
仲間とのつながりを大切にする傾向があるといわれています。

 

■日本では同じ世代を「さとり世代」という
呼ばれ方をされていますね。

 

■さて、先日評価者研修を行ったら、
評価の基準にこんなことを書いていた人がいました。

「あえて失敗させる」
「困難に直面させる」

 

■育成する世代の人はこういった基準で作られた
評価で成功を修めたのかもしれません。

 

■しかし、今の若い世代はそうはいきません。
育成する世代の時の仕事に対する動機付け条件が異なるからです。
彼らにとっては、ワークライフ・バランスが重要なのです。

 

■そういう人たちに自分たちの価値観を押し付けても、
のれんに腕押しどころか、
逆効果で辞めてしまう人も出てしまうかもしれません。

 

■前回のエントリでもお伝えしましたが、
今の若い世代の動機付け条件を把握した上で
教育をしないと効果は上がらないのです。

 

■若い世代の動機付け条件を把握することは社員教育だけでなく、
マーケティングにも役に立つはずです。
日々、若い人たちを観察し、
彼らの考えていることに注目するようにしてはいかがでしょうか。

石田淳の「行動科学マネジメントの視点」Youtubeにて公開中!

石田淳の「行動科学マネジメントの視点」をYoutubeにて公開しております。社長・リーダー・管理職の方はもちろん、今後のキャリアアップを目指しているビジネスパーソンに必見の内容です。

 

 

無料PDFレポートをダウンロード頂けます

これまで5500社以上の企業で導入・実施してきた行動科学マネジメント・ノウハウの一部をPDFレポートとしてダウンロード頂けます。ぜひご参考ください。