▼「ニオイで分かるんです」

■ある大手企業のハイパフォーマーのKさんに
インタビューしたとき、彼はこう言いました。

「ニオイで分かるんです」

どんな仕事であれ、ハイパフォーマーと呼ばれる多くの人がこう言います。

■ハイパフォーマーは何をするにしろ、
自分の感覚に従って行動すれば結果が出てしまうことが多いです。

 

■もちろん、全てを感覚に頼っているわけではなく、
普段から結果を出すための努力は人一倍しています。

 

■しかし、何故自分がハイパフォーマーであるのか、
他の普通のレベルの人と何が違うのか
言語化できない人がたくさんいます。

 

■こういった人がマネジャーになるとやっかいです。
結果を出すための行動を言語化できない、見える化できない。

 

■従って部下への指示や指導も
あいまいなものになってしまうのです。
「ニオイで分かるだろ!」
と言ったって分かるわけがありません(笑)。

 

■「名選手、名監督にあらず」
と言う言葉がありますが、
優れたプレイヤーが、必ずしも優れたマネジャーに
なれるわけではありません。

 

■マネジャーとしても高いレベルを目指すのであれば、
普段から自分の行動を言語化する習慣をつけましょう。

 

■日報のように仕事の終わりに、
あるいは帰宅してから振り返るのでもいいです。

 

■アタマで言語化するだけでなく、
ノートでもPCでもいいので、文字で書き留めておけば
マネジャーになったときにそれが財産になるはずです。

石田淳の「行動科学マネジメントの視点」Youtubeにて公開中!

石田淳の「行動科学マネジメントの視点」をYoutubeにて公開しております。社長・リーダー・管理職の方はもちろん、今後のキャリアアップを目指しているビジネスパーソンに必見の内容です。

 

 

無料PDFレポートをダウンロード頂けます

これまで5500社以上の企業で導入・実施してきた行動科学マネジメント・ノウハウの一部をPDFレポートとしてダウンロード頂けます。ぜひご参考ください。