▼なぜエビデンスベースで考えないのか?

■ビジネスはエビデンスベースで行われているものだと
僕は思っています。

■エビデンスベースとは、
つまり測定が可能な要素に基づいてるということです。

 

■たとえば、
営業であれば売上という数値で表すことができるでしょう。

 

■しかし、マネジメントになると、
途端にエビデンスベースという考え方が忘れられ、
論理的でない方法がまかり通っています。

 

■それは何故かというと、他責にし考えなくても良く、
指導する側がラクだからです。

 

■「部下が能力がない」「やる気がない」と言っておけば、
それで通用してしまうのが現状です。

 

■本来、改善すべき要因を分析して、
何をする必要があるのかを考えるのがマネジャーの仕事です。

 

■どう伝えればいいのか、
それを何回伝えれば、部下の行動は変わっていくのか。
それをきちんと数値で捉え、
誰に対しても再現性のある形にまで磨き上げていくのです

 

■「モチベーション」「能力」「潜在意識」といった
あやふやな言葉に頼るのではなく、
具体的、計測可能な要素に基づいてマネジメントを行うようにしましょう。

 

■最初は難しいかもしれません。
しかし、小さなことからでいいので、
きちんと計測していくことで、
ほかよりも一歩抜きん出たマネジャーになれるはずです。

石田淳の「行動科学マネジメントの視点」Youtubeにて公開中!

石田淳の「行動科学マネジメントの視点」をYoutubeにて公開しております。社長・リーダー・管理職の方はもちろん、今後のキャリアアップを目指しているビジネスパーソンに必見の内容です。

 

 

無料PDFレポートをダウンロード頂けます

これまで5500社以上の企業で導入・実施してきた行動科学マネジメント・ノウハウの一部をPDFレポートとしてダウンロード頂けます。ぜひご参考ください。