fbpx

評価制度設計

「自社の人事評価制度が機能している」と考える人は10%にも満たないといわれています。

「具体的になにを指導すればよいのか」「具体的に何をすれば評価されるのか」「2年後、今の努力を続けていくとどのような給与、仕事ができるのか」などがクリアであれば、社員のモチベーションは高く維持されます。

また、弊社では「金銭的報酬」だけでなく、「非金銭的報酬」を感じてもらうという「トータルリワード」を提唱しています。 

非金銭的報酬は次の5つです。

■感謝と認知

大切なビジネスパートナーとしてその存在を認める感謝の気持ちを示す、ほめるなど。

■仕事と私生活の両立

メンバーそれぞれの私生活を尊重し、仕事とのバランスがとれるように配慮する。

■企業文化や組織の体質

意見やアイデアを自由に言いあえるような雰囲気や、連帯感を持って働ける職場風土。

■成長機会の提供

社内研修の充実や、外部セミナーの受講費用負担、キャリアアップ制度の実施など。

■労働環境の整備

清潔で快適なオフィス、ハイスペックなIT設備など。

上記5つに加え、当社が提唱する「具体的な行動の明確な指示」。 これらがクリアであれば、社員のモチベーションは高く維持され、組織への貢献も格段にアップします。正当な評価と成長を促す人事・評価制度を行動科学マネジメントの視点を用いて作成・運営する支援を行います。