若手社員の動機付け条件を知ろう

■僕は毎年チェックしていますが、
今年度の新入社員「働くことの意識」調査結果が出ました
(公益財団法人 日本生産性本部/一般社団法人 日本経済青年協議会)。

https://activity.jpc-net.jp/detail/mcd/activity001538/attached.pdf

■「働き方は人並みで十分(61.6%)」
「好んで苦労することはない(34.1%)」
で過去最高を更新しました。

 

■動機付け条件、仕事に何を望んでいるのかを知るにはこのアンケートは非常に重要です。

動機付け条件を掴み、上手にマネジメントすることが
ポイントです。

■いきなり過剰な仕事量を与えたり、
無理な残業をさせるようなことは
必要ありません。
ベイビーステップで達成感を与え、
徐々にあげていくことです。

■このアンケートを見る限り、今の若者たちは
そこまで仕事に生きがいを求めていません。

仕事よりもプライベートをもっと充実させたいと思っています。
であれば自発的に仕事をさせるための個別面談では何を話せが良いのかを一度考えてみてください。

別に仕事をやりたくないと言っている訳ではありません。

■金銭なのか出世なのか人間関係か、はたまたワークライフバランスなのか、
単に動機付け条件の差だけです。

ぜひ個々の動機付け条件を掴み、自発的仕事ができる環境を作ってあげてください。

⇒行動科学マネジメント研修・コンサルティングに関する
ご相談・お問い合わせはこちら

https://www.will-pm.jp/contact/

フツーの社員向けの具体的なマニュアル作り

■2:6:2の法則をご存知ですか?
どの組織もパフォーマンス的に見ると
上位2割、中位6割、下位2割に分かれるという法則です。



■ご存知のように現在の転職市場は売り手市場です。
中位6割に位置するビジネスパーソンでも
転職サイトに登録したら3,000件もスカウトが来るような時代です。



■つまり、条件が合わなくなり、嫌なことがあったら、
すぐにでも転職出来るような環境であるということを
忘れてはいけません。



■マネジャーとしてまず取り掛かるのは
中位6割、下位2割に働きかけて
転職させないようにすることが最優先事項です。
その前提の上で、成長を少しずつ促すことです。



■仕組みのないままに成長を促すとどうなるでしょうか?
当然きついと感じて辞めようとするでしょう。



■今はワークライフバランスを重要視します。
サービス残業なんてもってのほか。
残業も出来るだけないような環境を整えてください。



■大きい会社ならもう新卒の一人や二人辞めている
ところもあるでしょう。



■これ以上ダメージを広げないためにも、
転職させないための仕組み、マニュアル作りに
今すぐにでも取り掛かってください。



⇒行動科学マネジメント研修・コンサルティングに関する
ご相談・お問い合わせはこちら

https://www.will-pm.jp/contact/

「インナー・エクスプローラー」

■「インナー・エクスプローラー」
⇒ https://innerexplorer.org/

という言葉をご存知でしょうか?

■日本ではまだ知らない方が多いと思いますが、
学生のために作られた
簡単なマインドフルネスのプログラムと言えばよいでしょうか。

■マインドフルネスというと“胡散臭い”と敬遠してしまう
経営者が日本では少なくないのですが、
米国ではCEOクラスのマネジャーの多くが実践し、
大きな成果を上げています。

■しかし、初心者が一人で行うには
難しいというデメリットがあります。

■このインナー・エクスプローラーという手法は
音声ガイドがありますので、
それに従って行えば、
初心者でも簡単に行うことができます。

■継続していくうちに、雑念がなくなり
集中力が高まっている自分に気が付くことでしょう。

■インナー・エクスプローラーは、
幼稚園から高校生用までのプログラムがあります。
学生用だからといってなめてはいけません。
その効果は大人でも実証されています。

■5分から10分で終わる簡単なプログラムなので、
まずは朝礼で一度実践してみてはいかがでしょうか。

⇒行動科学マネジメント研修・コンサルティングに関する
ご相談・お問い合わせはこちら

https://www.will-pm.jp/contact/

スリープ・マネジメント

▼スリープ・マネジメント

 

 

 

■米国では「スリープ・マネジメント」

という手法が10年前から実践されています。

 

 

 

■読んで字のごとく睡眠管理のこと。

これが、ビジネスにも私生活にも大きく影響を及ぼしていることは

みなさんもご存知でしょう。

 

 

 

■ホリエモンこと堀江貴文氏も

1日に8時間の睡眠時間を必ずとると公言しています。

 

 

 

■それ以下の時間になると、

パフォーマンスが落ちてしまうことを分かっているのだと思います。

 

 

 

■僕もアプリを使って、

1年前から睡眠時間を計測して、管理していますが、

今までよりも健康的で、ビジネスのパフォーマンスが

向上しているように感じます。

 

 

 

■睡眠時間を計測するアプリはたくさん

リリースされていますので、

ぜひ寝苦しい熱帯夜が訪れる前に

皆さまもお試しください。

カスタマージャーニーを行動分解する

■カスタマージャーニーという言葉がマーケティング業界にはあります。

 

■カスタマージャーニーとは一言で言うと
「顧客が購入に至るプロセス」
のことです。

 

■購入という最終目標に至る道筋を漠然と考えるのではなく、
一つひとつのステップにおける
顧客の思考や行動を具体的に捉え、
どのようにアプローチするのが最適かを考えるのが
カスタマージャーニーです。

 

■たとえば、ネットで商品を購入するプロセスも、
いきなり購入に至るわけではありません。
まずは商品を検索し、
価格や性能を比較検討し、
購入に至るというプロセスが大枠としてあるわけです。

 

■その大枠の中で
さらに顧客がどのように動いているのかを
細かく分解していくことで、
購入に至る道筋がハッキリと見えてくるわけです。

 

■ぜひ大まかではなく、一度細かく行動分解してみてください。

それが新しい発見に繋がると思います。

 

どの業種でも使える手法ですので試してみてくださいね。

セーフティマネジメントの依頼が増えています

▼セーフティマネジメントの依頼が増えています

 

■マスコミにはあまり取り上げられませんが、最近、工場や現場での重大な事故が
増えてきていると感じます。
それも原因は手抜きや小さな間違いからです。
グローブを嵌めない、指差し呼称をしないなどちょっとした事です。

 

■「あれだけ何度も注意しているのに何で出来ないのでしょうか」
「マニュアルやチェックリストも渡してあるんですよ」
「もう正直何をしていいのか分かりません」

 

なぜそんな簡単な事をやらないかと言うと安全意識が無いわけではありません。
一言で言うと面倒だからです。
今までグローブを嵌めなくて何年もやってきたけど事故なんか一回もなかった」
「今まで事故もなかったから、指差し呼称なんて面倒くさいじゃないですか」

 

解決策は意識を変えることでもスローガンを増やす事でもありません。
「いかに具体的な安全行動を定着させるかです」
そのために自社の安全行動とは何か、
全員に定着させていくために何をするかです。

■ぜひセーフティマネジメントを学んでください!

■どんな人でも仕事への理解度を深め、
事故やトラブルを起こさなくて済む方法です。
興味のある方はお問合せください。

⇒行動科学マネジメント研修・コンサルティングに関する
ご相談・お問い合わせはこちら

https://www.will-pm.jp/contact/

なぜ、マニュアルやチェックリストの1番最初は「見る」と入れるのか。

▼なぜ、マニュアルやチェックリストの1番最初は「見る」と入れるのか。

 

 

 

■マニュアルやチェックリストの1番最初に入れてほしいのは

「見る」という項目です。

 

 

 

■マニュアルはせっかく作っても

見ない社員が大半です。

これでは宝の持ち腐れというものです。

 

 

 

■当たり前ですが、見て、活用してもらわなければ

マニュアルの存在意義はありません。

 

 

 

■仕事が出来るハイパフォーマーは

マニュアルなんかなくても一人でガンガン仕事をやっていきます。

 

 

 

■でもそんな人たちは一握りで、

出来ない人達を底上げするためにマニュアルがあるのです。

 

 

 

■マニュアルは、行動の一つひとつを分解して、

誰でもが実践できるように書いていきます。

 

 

 

■この辺りのことは先日、ダイヤモンド社から出版した

『~短期間で社員が育つ~ 行動の教科書』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B079FN2J6H/engineer-22

に書きましたのでよろしければ参考にしてみてください。

 

P.S.
5月19、20日に開催の働く女性のためのイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2018」
(東京ミッドタウン ホール&カンファレンス)。
20日(日)16時10分-17時10分、

『行動科学のメソッドで仕事の不安を解消! 女性のための学ぶ技術』
をテーマで講演します。興味のある方はぜひ参加してみてください!
⇒行動科学マネジメント研修・コンサルティングに関する
ご相談・お問い合わせはこちら