▼大事なのは情報共有ではない。重要なのは……。

■GW真っ只中ですが、いかがお過ごしですか?
僕はアマゾンジャングルマラソンの
練習で久しぶりのリュックを背負い、筋肉痛気味ですが、
それ以外は読書をしながらゆったりと過ごしています。

 

■さて、さまざまな会社を訪問していて気になることは
「情報共有」についてです。

 

■社内SNSやグループウェアなどITを使うことにより、
社内での情報共有のシステムは以前より格段に進歩しました。

 

■しかし先日のアメリカとのスカイプミーティングで話題になったのは、
「組織で大事なのは情報共有をする事ではなく、誰が何のどんな情報を
持っているのかを明らかにする事だ。」という事です。

なぜなら、現実的には1人であらゆる情報を共有する事など出来ないので。

 

■もちろんそれを明らかにしたら、
次にやる事は、リアルでもバーチャルでも
社内コミュニケーションを増やす環境作りです。

 

■GWもまだまだ時間がありますので、
この機会に

①社内の誰がどんな情報を知っているのか、
②社内コミュニケーションをリアルでも
バーチャルでも増やす環境をいかに作るのかを、
考えてみるのはいかがでしょうか?

▼ライバル行動は何ですか?

■新年度がスタートし、
「続ける技術」を身につけるために、
みなさんに是非やっていただきたいことがあります。

「不足行動を邪魔するライバル行動を書き出してください」

と言っても、わからない方もいるかと思いますので
説明します。

 

■「不足行動」とは、
あなたがこれから増やそう、始めようとしても
なかなか増やせないでいる行動のことです。

 

■ダイエットのための運動、
英語を身に付けるための勉強などが
「不足行動」に当たります。

 

■この「不足行動」を行う際の障害に当たるものが
「ライバル行動」と呼ばれます。

 

■たとえば、
「英語の勉強をやろうと思っているのに、
ついテレビを見て怠けてしまう」
のは正に「ライバル行動」に他なりません。

 

■まずは、この「ライバル行動」を書き出し、
理解することが「不足行動」を促進するための
第一歩となります。

 

■「テレビを見てしまう」ことが
ライバル行動であることが理解できたら、
ライバル行動ができない環境を作ってください。

 

■勉強部屋にテレビは置かない。
テレビは捨てる。
テレビをご褒美として設定して、
30分勉強したら見る。
などです。

 

■この「ライバル行動」を一つ一つ潰していく事で、
あなたが望んでいる「不足行動」が継続されていくのです。

 

■ぜひ「ライバル行動」の書き出しを
行なってみてください。

▼『続ける技術』マンガ版が出ました!

■熊本を中心に九州地方で立て続けに
大きな地震が起こりました。
被災された方々につきましては、
一日も早く平穏な生活が送れるよう、
心よりお祈りしております。

 

■さて、僕自身のベストセラーでもある
『続ける技術』のマンガ版

『“まんがで身につく” 続ける技術』(あさ出版)
が先週発売されました。

 

■帯にもありますが、
「やる気がなくても、努力しなくても続けられる」技術を、
どなたでも身につけることができる内容に
なっていると自負しております。

 

■実は僕自身、決して意志は強い方ではありません。
きっと、行動科学マネジメントに出会っていなければ、
マラソンやトライアスロンの大会に毎年出るようなことはなかったでしょう。

 

■このような経験は、
行動科学マネジメントによる“続ける技術”を活用して、
トレーニングを継続してきたからこそ達成
できたことだと思っています。

 

■この『続ける技術』はビジネスだけでなく、
子供の教育やプライベートなど、
あらゆる方面で力を発揮し、人生をより豊かにするものだと確信しています。

 

■書籍版『続ける技術』を読んだ方も、
きっと新たな発見や気づきがあるはずです。
ぜひ一度手にとって読んでみてください。

▼最近はリーダー研修が増えている

■新年度が始まりましたね。
会社でもプライベートでも
今年度の目標が達成するための行動をし続けていきましょう!

 

■さて、経営計画を作られた人もいるかと思いますが、
その中にリーダー育成研修の項目は入っていますか?
入っているとしたら、重要度は上から何番目でしょうか?

 

■最近大手企業研修で多いのは、管理者研修よりリーダー研修です。
なぜなら、30~40代前半の中堅がリーダーとして育っていない
企業が多いということです。

 

■この世代の人たちが、下の人たちに対して教え方が分からない。
どうコミュニケーションを取れば分からない。
と悩んでる方が多い様に感じます。

 

■自分たちは、上司から仕事での細かいやり方や
指導の仕方を教わってないので、自分たちのやり方で20代と接してしまい、
部下が辞める、いつまでも出来る様にならない、と。

 

■しかしこの世代が育たない事には10年後の会社が無くなってしまいます。
彼らを育成するためには、まずは、リーダー研修の重要度を上げ、
時間や予算の確保をしてください。
最初は教え方の基本を指導しましょう。

 

■その次に自社に合ったものを作り、
反復練習、評価をし行動の定着です。

本人任せでは、いつまでも出来るリーダーと
出来ないリーダーが分かれてしまいます。

 

■新年度のスタートです。中期経営計画を達成するための
リーダー育成研修を考えてみてください。
彼らに何が必要なのかを判断した上で、
研修カリキュラムを組み立てるようにしましょう。

 

■この世代のリーダーを育てる事によって、
経営計画の達成も近づいてくるはずです。
ぜひ今年度はリーダー育成に力を注いでください。

▼キューバ、メキシコに行ってきます!

■アメリカのオバマ大統領の「キューバを訪問」というニュースが発表されました。
現職のアメリカ大統領としては、なんと88年ぶりの訪問です。

 

■ご存知の通り、去年までアメリカとキューバは敵国でした。
国交が回復し、関係が正常化しているアピールをするために訪問しているのでしょう。

 

■来年からはキューバが急速にアメリカナイズド
されるとも言われています。
世界のどこにでもあるマックやスタバが、
キューバの街にも並ぶかもしれないということです。

 

■現存する古き良き街並みを今のうちに
見ておくためにも、キューバを初めて旅行することにしました。

 

■世界遺産にも登録されている旧市街の
「オールド・ハバナ」は絶対に見てこようと思っています。

 

■ですが、アメリカ系のクレジットカードが使えなかったり、
ホテルの予約もなかなかとれなかったりと、
準備も一筋縄ではいきません(苦笑)。

 

■日本からの直行便もないため、
経由地のメキシコもついでにと言ってはなんですが、
訪問することにしました。
メキシコも訪れたことがないので楽しみです。

 

■初めてづくしの旅になりますがどうなることやら。
ブログでもキューバ訪問の話題は紹介していきたいと
思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。