fbpx

モチベーションの高い人材を育てる仕組みづくり「行動科学マネジメント®無料体験会」

モチベーション高く、自発的に行動する人材の育て方をお伝えします

「部下に〝やる気〟が感じられない」
「もっと危機意識をもって仕事をしてもらいたい」
「さまざまな場面で臨機応変に動いてほしい」
「自ら新しいやり方を考えて実行してもらいたい」
「もっとモチベーションを高めてほしい」

 

社員や部下、メンバーに対してそのような思いを抱いている方は多いことでしょう。

働き手一人ひとりが自らモチベーションを高め、自発的に仕事に取り組むように導くことは、リーダー、マネジャー等、人材育成に携わるビジネスパーソンにとって非常に重要な役目です。

人口減少による人材不足の今、〝人を育てる〟技術こそが、企業の命運を左右するといってもいいでしょう。人材育成に長けた企業は生き残っていき、他のことばかりに注力している企業は、やがて衰退していきます。

まさに「人」の問題は〝今、すぐに〟着手しなければならない、先送りのできないものです。

 

でも、どうやってやればいいのか?

 

多くの企業・組織に見受けられる間違いは、メンバー=人材の「気持ち」や「意志」に直接働きかけようとすることです。気持ちや意志といった「人の内面」を直接変えることは、非常に難しいこと。にもかかわらず、そうしたアプローチを選んでしまうのです。

行動科学マネジメント®では、メンバーが自然に、自らモチベーションを高め、自発的に行動するように導く「環境」(仕組み)を用意する、というアプローチを取ります。

そしてこの方法のより、多くの企業・組織が効率的な人材育成に成功しています。

 

このたび、そのノウハウの一部を無料にて公開することとなりました。

リーダー、マネジャー、OJT担当者、人事担当者といった、すべての「人を育てる立場」にある方にぜひ知っていただきたいノウハウです。

 

今回の機会を、ぜひご活用ください。

こんな考えをお持ちの方におすすめです

□メンバーのモチベーションを高め、前向きに仕事に取り組んでもらいたい。
□新しい環境下の今、メンバー自ら「新しいやり方」を生み出してもらいたい。
□メンバーの自発的行動によって、企業の「新しい需要」をつくりたい。
□リモートワークでもメンバーを上手にマネジメントしたい。
□自ら考え、自ら動ける人材をつくりたい。
□チームマネジメントをもっと効率的に行いたい。
□マネジャーのみならずプレイヤーとしても業績を上げたい。

セミナー受講生の声

今まで暗黙知で経営を進めていた事で、組織が属⼈化していた。マネジメントするにあたり、組織の属⼈的な部分を形式知にする必要を感じました。より⾔語化・より具体化する事について、ここまで深く考えた事がありませんでした。
(製造・40代・経営者)

書籍を読んでましたので、直接お話を伺えて⼤変有意義でした。⾏動原理を押さえた上での「経営者としてのあり⽅」を学ぶことができました。先に⾏動があり、⾏動を重ねていく中で、会社全体の「想い」をつくっていきます。
(サービス・50代・経営者)

上司をも巻き込みながら部下の育成について、「⾏動」にしっかり焦点を当てながら「継続」して⾏っていく重要性。それらを「⾒える化」して具体的に⾏うこと。マネジメントスキルも、時代と共にアップデートしていく必要性を感じたので、⾮常に有意義な講座内容でした。
(金融・30代・管理職)

信念や理念は⼤事だと分かっているのですが、肝⼼の中⾝について現場任せで考えてこなかったのだと今回のセミナーで痛感いたしました。理念の具体化と習慣形成の考え⽅を広め深めて⾏こうと思います。
(製造・50代・役員)

できる⼈物の⾏動の観察から、課題分析を実施して、再現性のあるものとして⾔語化していくということをやっていきたいと思います。⾏動科学の知⾒を活かして、今居住している地域で、より広く⼈財が活⽤され、⼈も経済も活性化する⽅向へ働きかけ、貢献していきたいです。
(サービス・40代・幹部職)

今まであえてマニュアルというものを作成してこなかった会社ですが、ハイパフォーマーの⾏動を⾔語化し、且つ細分化することはマニュアル作成以外にもコンピテンシー分析という観点からも役に⽴つと感じました。複数回受講を重ねて練習していかねば難しい点が多いと感じました。
(IT・40代・HR担当役員)

⼈材不⾜が深刻で、社員には負担をかけていると実感しています。まずは私が社員に求める職位役割を明確にして、誰がやってもまわる組織をつくる必要性を痛感しました。そうすることで「欲しい⼈材」も明確になり採⽤も強化していけるのだと思います。
(サービス・40代・経営者)

⾏動科学の実践により現場全体が⼀体となって「今⽇も頑張っていこう!」といった、良い雰囲気になったということが⼀番⼤きな変化です。そして、誰がやっても……つまりどんな社員や管理者が来てもみな同じようにできているというところが、⼀番重要だと感じています。
(通信・40代・事業部⻑)

 
 

開催概要

セミナー名:モチベーションの高い人材を育てる仕組みづくり「行動科学マネジメント®無料体験会」

開催日時:2021年6月18日(金)13:30〜15:00(90分)【満員御礼】
    :2021年7月13日(火)13:30〜15:00(90分) ※13:15開場

開催方法:オンライン開催(Zoom)

受講対象:人材開発、人事部、マネジャー・教育担当者など人材育成に関わる方

講師  :冨山真由(行動習慣コンサルタント)

費用  :無料

※多数申し込みの際は選抜しまして参加者の方にご連絡します

※同業他社様のお申し込みはご遠慮ください。

担当講師

冨山真由

上席認定インストラクター

 
行動科学マネジメントとは

今から50年前にアメリカの心理学者B.Fスキナー氏が、「行動分析学」という学問を起こし、そこから発展してきたマネジメント手法です。

この考え方を、チームマネジメントやセルフマネジメントに応用し、日本風にアレンジしたものが行動科学マネジメントです。

行動科学マネジメントに関する詳しい説明や実績はこちらから。

お申込み

※同業他社さまにはご参加をご遠慮頂いております。申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

開催日[必須]
お名前[必須]
貴社名[必須]
部署・役職[必須]
住所[必須]
メールアドレス[必須]
固定電話/携帯(どちらかご入力ください)[必須]
備考

ご登録頂いたお客様の情報は、請求・申込いただいた事項への対応及びそれに関連する株式会社ウィルPMインターナショナルのサービス等のご案内のために利用させていただきます。
お客様の個人情報をお客様の同意なしに業務委託先及び共同利用者以外の第三者に開示・提供することはございません(法令等により開示を求められた場合を除く)。
お客様の個人情報は、株式会社ウィルPMインターナショナルにて管理させていただきます。
詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。