若手社員の動機付け条件を知ろう

■僕は毎年チェックしていますが、
今年度の新入社員「働くことの意識」調査結果が出ました
(公益財団法人 日本生産性本部/一般社団法人 日本経済青年協議会)。

https://activity.jpc-net.jp/detail/mcd/activity001538/attached.pdf

■「働き方は人並みで十分(61.6%)」
「好んで苦労することはない(34.1%)」
で過去最高を更新しました。

 

■動機付け条件、仕事に何を望んでいるのかを知るにはこのアンケートは非常に重要です。

動機付け条件を掴み、上手にマネジメントすることが
ポイントです。

■いきなり過剰な仕事量を与えたり、
無理な残業をさせるようなことは
必要ありません。
ベイビーステップで達成感を与え、
徐々にあげていくことです。

■このアンケートを見る限り、今の若者たちは
そこまで仕事に生きがいを求めていません。

仕事よりもプライベートをもっと充実させたいと思っています。
であれば自発的に仕事をさせるための個別面談では何を話せが良いのかを一度考えてみてください。

別に仕事をやりたくないと言っている訳ではありません。

■金銭なのか出世なのか人間関係か、はたまたワークライフバランスなのか、
単に動機付け条件の差だけです。

ぜひ個々の動機付け条件を掴み、自発的仕事ができる環境を作ってあげてください。

⇒行動科学マネジメント研修・コンサルティングに関する
ご相談・お問い合わせはこちら

https://www.will-pm.jp/contact/

フツーの社員向けの具体的なマニュアル作り

■2:6:2の法則をご存知ですか?
どの組織もパフォーマンス的に見ると
上位2割、中位6割、下位2割に分かれるという法則です。



■ご存知のように現在の転職市場は売り手市場です。
中位6割に位置するビジネスパーソンでも
転職サイトに登録したら3,000件もスカウトが来るような時代です。



■つまり、条件が合わなくなり、嫌なことがあったら、
すぐにでも転職出来るような環境であるということを
忘れてはいけません。



■マネジャーとしてまず取り掛かるのは
中位6割、下位2割に働きかけて
転職させないようにすることが最優先事項です。
その前提の上で、成長を少しずつ促すことです。



■仕組みのないままに成長を促すとどうなるでしょうか?
当然きついと感じて辞めようとするでしょう。



■今はワークライフバランスを重要視します。
サービス残業なんてもってのほか。
残業も出来るだけないような環境を整えてください。



■大きい会社ならもう新卒の一人や二人辞めている
ところもあるでしょう。



■これ以上ダメージを広げないためにも、
転職させないための仕組み、マニュアル作りに
今すぐにでも取り掛かってください。



⇒行動科学マネジメント研修・コンサルティングに関する
ご相談・お問い合わせはこちら

https://www.will-pm.jp/contact/

「インナー・エクスプローラー」

■「インナー・エクスプローラー」
⇒ https://innerexplorer.org/

という言葉をご存知でしょうか?

■日本ではまだ知らない方が多いと思いますが、
学生のために作られた
簡単なマインドフルネスのプログラムと言えばよいでしょうか。

■マインドフルネスというと“胡散臭い”と敬遠してしまう
経営者が日本では少なくないのですが、
米国ではCEOクラスのマネジャーの多くが実践し、
大きな成果を上げています。

■しかし、初心者が一人で行うには
難しいというデメリットがあります。

■このインナー・エクスプローラーという手法は
音声ガイドがありますので、
それに従って行えば、
初心者でも簡単に行うことができます。

■継続していくうちに、雑念がなくなり
集中力が高まっている自分に気が付くことでしょう。

■インナー・エクスプローラーは、
幼稚園から高校生用までのプログラムがあります。
学生用だからといってなめてはいけません。
その効果は大人でも実証されています。

■5分から10分で終わる簡単なプログラムなので、
まずは朝礼で一度実践してみてはいかがでしょうか。

⇒行動科学マネジメント研修・コンサルティングに関する
ご相談・お問い合わせはこちら

https://www.will-pm.jp/contact/

スリープ・マネジメント

▼スリープ・マネジメント

 

 

 

■米国では「スリープ・マネジメント」

という手法が10年前から実践されています。

 

 

 

■読んで字のごとく睡眠管理のこと。

これが、ビジネスにも私生活にも大きく影響を及ぼしていることは

みなさんもご存知でしょう。

 

 

 

■ホリエモンこと堀江貴文氏も

1日に8時間の睡眠時間を必ずとると公言しています。

 

 

 

■それ以下の時間になると、

パフォーマンスが落ちてしまうことを分かっているのだと思います。

 

 

 

■僕もアプリを使って、

1年前から睡眠時間を計測して、管理していますが、

今までよりも健康的で、ビジネスのパフォーマンスが

向上しているように感じます。

 

 

 

■睡眠時間を計測するアプリはたくさん

リリースされていますので、

ぜひ寝苦しい熱帯夜が訪れる前に

皆さまもお試しください。