▼離職率を減らす仕組みの作り方

■マネジメント、特に離職率を下げるには
仕組みと人間関係づくりが重要です。



■最近は想像以上に時間にシビアです。
給与を増やすよりも時間の方が大切だ
と考えている人も少なくありません。

 

■売上は落とさずいかに無駄な残業を減らし、
プライベートを充実させられるかが
マネジメントをする上での大切なポイントになります。

そのための仕組み作りで重要な事は、
行動のハードルを下げる事と計測です。
行動のハードルを下げるとは、
結果に直結しない作業に関しては簡素化し、
計測は部下の時間と行動計数を図る事です。

 
■もう一点は、人間関係の強化です。
こういうと「飲みニュケーションをすればいい」
と思ってしまう人がいますが、それは避けた方がいいでしょう。

 

■飲み会ではなく、普段の仕事場での声かけ、雑談を強化してください。
仕事に関係ないことでもいいので、声をかけるのです。
それによって、彼らの仕事の動機付け条件がわかるでしょう。

 

■これらの方法はコストもかからず、離職率を下げるには
効果大ですので、是非お試しください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA