▼日本の営業職は、海外と比べ体力が必要で若年層を大量に投入する生産性が低い業務。 若年層が減っていく今後はやり方を変えていく必要がある。

■「採用が難しい」「すぐに若い人が辞めてしまう」
どこの会社に行ってもよく聞く言葉です。
当たり前ですが、日本は人口減社会で若年層労働者の
比率は年々低くなっていきます。



■その中でも積極的に営業職を好む若手は
少なくなっている様に感じます。

 

■その理由は上司が過去の「成功体験ややり方」に縛られて、
最終的には未だに「行動量を増やせ」しか言っていないから
としか思えません。
ネットの情報、コンプライアンスやセキュリティーなど、
現在の営業環境は昔とは違います。

 

■顧客情報の収集や顧客行動の分析はしたのでしょうか?
営業行動の標準化と分解は?
もっと合理的な営業方法がありますし、
人口減社会にあった自社の営業手法を
作っていく時代に入ったと思います。

 

■営業職の人だけではありません。
年末に向け、自分の仕事のやり方が
2020年を迎えようとしている現在においても
合理的なものなのか、自問自答してみてはいかがでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA