▼粛々と教育体系を作っていきましょう

■日本の企業の人材育成の課題は
教育体系にあると考えています。



■多くの企業に見られるのは、
新人には非常に手厚く教育体系が作られているにも関わらず、
ミドルクラスの社員に対する教育がおざなりになっているところです。

 

■教育というと、すぐにマニュアルを作りましょう、という話になりがちです。
マニュアルももちろん重要なのですが、
それと同時に教育体系がしっかりと確立されている事も非常に重要です。

 

■なぜなら、新人から数年立てば、
どのように成長していけばいいのかわからない社員が増えてしまうのが
目に見えているからです。

 

■独力で成長できる社員ももちろんいます。
しかし、それはほんの一握り。
大多数の社員は右往左往してしまいます。

 

■そうならないためにも、
来年からと言わずに9月から教育体系の作成を
図ってみてはいかがでしょうか。
ボトムアップならぬ、ミドルアップの教育体系を作ることによって、
より強固な経営基盤を確立していきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA