▼やる気がない年上部下をどう行動させるか?

■いつの時代もマネジャーに悩みはつきません。
ある記事でマネジャーの悩みを調査した結果を
見たのですが、そのTOP3は

「人を育てること」

「モチベーションを高めること」

「成果を挙げること」

となっていました。



■僕がさまざまな会社のマネジャーと接する中で、
近年急増している悩みがあります。

それは「年上の部下」です。

 

■年下の部下であれば、素直で扱いやすいですが、
年上であれば、そう上手く事は運びません。
中には入社当時は教育係だったという人が
部下になっているケースもありました。

 

■年上であるにも関わらず、
部下であるという捻れた関係の中で、
どのように接すべきなのか、
どうすれば彼らとともに成果を挙げていけるのかが
わからないという人が増えています。

 

■年上の部下と上手くやっていくための
キーワードの一つは自己効力感です。

 

■自己効力感とは、何かしらの課題に対して、
自分にはそれができると実感できる能力のことです。

 

■自己効力感を高めるためには、
小さいことでいいので達成感を感じてもらえるようにすること。

 

■そのスモールゴールを部下とともに
設計していくのがマネジャーの仕事です。

 

■そして達成できたときには、
年上の部下を褒めるのではなく
「ありがとうございます」
「おかげさまで」
と感謝をすることが重要です。

 

■下手に褒めると上から目線で見られている
と感じられてしまうこともあり、
逆効果になることもしばしあります。
しかし、感謝されて嫌な感情を抱く人はいないはずです。

 

■「自己効力感」「スモールゴール」「感謝」
これらをキーワードに年上の部下と信頼関係
を構築してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA