▼「顧問制度」を始めます

■「行動科学マネジメントを用い、社員全員に理念を浸透させたい」
「毎年、中期経営計画を作っても、いつの間にか使われずに数字が達成できない」
「会社という法人のピンポイント行動の見つけ方を教えて欲しい」
と相談された事がきっかけで、

2年前から、ある企業(2社)の顧問的役割を
やらせていただいています。



■僕が経営者の参謀と言うか、右腕となり、
関わらせてもらっていて、おかげさまで、
現在、2社ともに業績は順調に動いています。



■企業内で中期計画を考えても、
現場まで浸透せず、社員の行動が変わらない
といった場合がとても多いのですよね。



■そこで、法人のための行動科学マネジメントでは、
3年後、5年後の会社のあるべき姿を見て、
そのために今、どのように行動するべきか見極め、
やるべき行動を理念から徹底的に分解し、
従業員全員の具体的な行動を変えるという方法で進んでいきます。



■さて、この春より、
担当する企業数を少し増やします。



■自分の会社の将来をどうのようにしていきたいか、
というヴィジョンを明確に考えている
経営者、経営幹部の方に
ぜひ利用してほしいと考えています。



■すでに2社を担当しており、
僕は自身の時間に限りがあるので、
新たにあと2社だけ募集します。



■興味があればお気軽にメールをください。
応募が殺到することも予想されますので、
お早めにどうぞ。

詳しくは弊社ホームページで。
⇒ http://www.will-pm.jp/seminar/adviser_system/
お待ちしております!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA