▼お父さんお母さんのための教育セミナーを定期的にやっていきます

■行動科学マネジメントは、

ビジネスだけでなく、
子どもの教育にも役立つ方法です。

「いつも子どもを怒ってばかり。何とかしたい」

「子どものやる気を引き出す方法が知りたい」

「一人で家でも勉強する習慣をつけたい」

など、お父さんお母さんの中には、
日々お子さんの教育に頭を悩ませている人も
少なくありません。



子育ては、親の思い通りにはいきませんから、
難しいですよね。

でも、もしかしたら、
親の子どもへの接し方に
少し問題があるのかもしれません。

 

■勉強方法について、
具体的なやり方がわからない子どもに

「しっかり勉強しなさい」

「自分で考えなさい!!」

なんて言っていませんか?

やり方がわからないわけですから、
子どもに通じません。
「オリンピックで金メダルを取りなさい」
と言っているのと同じようなものです。

 

■また、普段の生活で、
全然本を読んでいないお父さんやお母さんに

「本を読みなさい!」

と言われても子どもには通じないことも多いはず。
親がモデルになっていないからです。

 

■それから、勉強については、
成績・点数という結果は、
行動の連続によって生まれます。

だから、結果を変えるには、
まず行動を変えなければなりません。

行動科学マネジメントでは、
結果よりもプロセスを重視。
途中の行動に焦点をあてるんですね。

まずは、点数や成績よりも、
途中の行動に着目して、ほめる、認める、ねぎらう。
すると、子どもは達成感を得て、徐々にその行動を
繰り返すようになっていきます。

反対に、何をすればいいか分からず、
評価もされなければ、
行動を持続させることはできないのです。

 

■日本の経済の停滞が続き、
パラダイムシフトが起きている今、
子どもの教育はこれからの日本の根幹であり、
最も力を入れていかなければいけない分野ではないでしょうか?

子どもたちには、
世界のどこに行ってもに活躍できる「人材」
になってほしい。

そこで、毎日がんばっている
お父さんお母さんを対象とした、
わかりやすく、即家庭で実践できる
行動科学マネジメント教育セミナーを
定期的に開催していきます。

 


2 thoughts on “▼お父さんお母さんのための教育セミナーを定期的にやっていきます

  1. 今春行動科学ベーシック講座を受講した伊藤明子と申します。一昨年は江藤真規先生主宰のマザーカレッジでペアレンテーションについても学びました。
    コミュニケーションについて学んでも、その相手がわが子や夫となるとうまくいきません。
    相手に対して無意識の甘えがあるのかも知れません。
    他人のお子さんなら我慢できるのに・・・。(涙)
    ぜひ、教育セミナー&夫婦間のコミュニケーションセミナーの開催を希望します。
    宜しくお願いいたします。

    • 伊藤さん、
      受講ありがとうございます。

      子育ては、親の思い通りにはいきませんから、
      本当に難しいですよね。

      開催楽しみにしててください!
      石田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA