▼来月は僕の新刊本が2冊出ます

■早くも新年度がスタートして1か月が経とうとしています。
この時期にいつも言っていますが、
GW明けには新卒の気持ちが緩んでしまうことが
多々ありますので、ご注意ください。

 

■さて、5月には僕の新刊本が2冊出版される予定です。
すでにアマゾンでは予約注文が始まっています。

1冊目は、

『一〇〇歳時代の人生マネジメント 長生きのリスクに備える』(祥伝社新書)

このブログでも何度か書いていますが、
人生100歳の時代に突入した今、
人生設計を大幅に変更する必要があります。

 

■「定年」という考えを捨てて、「生涯現役」を目指すべきでしょう。
そのために必要な「学び」「健康」「お金」「人間関係」といった
要素について、徹底的に解説しています。
年輩の方だけでなく、若い人にこそ読んでほしい本です。
本書を通して、今のうちから人生設計の土台作りをしてもらえれば
嬉しい限りです。

 

■2冊目は、

『図解 うまくなる技術 行動科学を使った自己成長の教科書』(サンクチュアリ出版)

自己成長という視点で厳選した11の行動技術を紹介しています。
仕事はもちろんのこと、
今から数年前、マラソンのトレーニングを始めたころの自分の経験や
テクニックなども盛り込んでいます。

僕は行動科学マネジメントがあったからこそ、
トライアスロンアイアンマンや砂漠マラソンを完走できたのだと自負しています。

仕事だけでなく、趣味や勉強などさまざまなことによく効くはずです。

▼『続ける技術』マンガ版が出ました!

■熊本を中心に九州地方で立て続けに
大きな地震が起こりました。
被災された方々につきましては、
一日も早く平穏な生活が送れるよう、
心よりお祈りしております。

 

■さて、僕自身のベストセラーでもある
『続ける技術』のマンガ版

『“まんがで身につく” 続ける技術』(あさ出版)
が先週発売されました。

 

■帯にもありますが、
「やる気がなくても、努力しなくても続けられる」技術を、
どなたでも身につけることができる内容に
なっていると自負しております。

 

■実は僕自身、決して意志は強い方ではありません。
きっと、行動科学マネジメントに出会っていなければ、
マラソンやトライアスロンの大会に毎年出るようなことはなかったでしょう。

 

■このような経験は、
行動科学マネジメントによる“続ける技術”を活用して、
トレーニングを継続してきたからこそ達成
できたことだと思っています。

 

■この『続ける技術』はビジネスだけでなく、
子供の教育やプライベートなど、
あらゆる方面で力を発揮し、人生をより豊かにするものだと確信しています。

 

■書籍版『続ける技術』を読んだ方も、
きっと新たな発見や気づきがあるはずです。
ぜひ一度手にとって読んでみてください。