▼働き方改革は会議やダラダラ残業を減らすだけでは、何も変わらない

■生産性を向上させる、あるいは残業を減らすために
一番重要なことは何だと思いますか?
それは人と仕事を分離させることです。



■多くの企業では、その人でないとできない仕事が多すぎるのです。

 

■そのため、
①できる人に仕事が集中してしまって
生産性が上がらない。
②仕事ができないのは、本人のモチィベーションが低い、
仕事に対する責任感が無い、などすぐに個人攻撃が始まる。

 

■僕は「会議をストップウオッチで計る」などといった、
子供だましの様な小手先のことで、
働き方改革を成功させるのは絶対に無理だと思っています。

 

■何よりも先に、仕事の標準化を推し進めて、
どの仕事も、誰でもができるように、仕事と人を分離して、
初めて生産性が上がっていくのだと思っています。

 

■言うは易し行うは難しですが、
やるときは今しかないと思います。
手遅れになる前に、マネジャーの方々は
まずは標準化の仕組みを確立させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA