▼日本生産性本部「新入社員意識調査」を読んで

■“管理職になりたくない”

“自分のキャリアプランに反する仕事を、
がまんして続けるのは無意味だ”

“残業が少なく、平日でも自分の時間を持て、
趣味などに時間が使える職場がいい”

これは何かというと、
公益財団法人日本生産性本部が
2015年度の新入社員に対して行った意識調査
多くの人が答えた回答です。



■40代以上の人から見たら
衝撃的な回答と言えるでしょう。
我々の新入社員の時にこんな回答をする人は、
ほとんどいなかったはずです。



■人を動かす時に最も重要な事は、動機付け条件を知る事です。
これを見ていると、明らかに仕事に対する動機付け条件が変わってしまいました。



■離職率を下げたい、社員やパートの定着率を上げたいという方は
ぜひこのアンケートを先入観を省いて読んでみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA