▼「らしさ」でパナソニック、SONYは必ず復活する

■どんな優良企業といえども、
世界経済の急速な悪化や変革期に適応しきれず、
順調に成長し続けることが難しくなる場合があります。

たとえば、
SONYやパナソニック。

その低迷を悲観的に見る節もありますが、
僕自身は必ず復活すると思っています。



■世界で通用するブランドを確立し、
日本の代表企業であるSONYは、
エレクトロニクス部門を中心に収益力が大幅にダウン。

 

■しかし、金融部門や音楽・映画などの
エンターテインメント部門の業績は好調です。

 

■確かな基礎技術と、
日本のマーケットで厳しい競争を繰り広げてきた
実績を持つSONYならば、
“SONYらしさ”“SONYの強み”
を追求することで、
エレクトロニクス部門も必ずや回復するはずです。

 

■また、パナソニックは4月から、
製品の開発から販売までを一貫して担う
「事業部制」を12年ぶりに復活させますね。

 

■そういったもともと持っている
日本企業らしい強さを、
地道に進めていくことが
復活のカギとなるのかもしれません。

 

■「日本サッカーを日本化する」
と語ったのは、元サッカー日本代表のオシム監督でしたが、
日本人が持つ「らしさ」や「強み」を
伸ばすことで勝利につなげる――日本独自のビジネスを
劣後順位を使って標準化できれば、
世界で戦えるようになると思っています。

 


One thought on “▼「らしさ」でパナソニック、SONYは必ず復活する

  1. 日本企業として「らしさ」で復活を、すごく自分の中でフィットしたお言葉です。
    ありがとうございます。該当企業グループに勤めるものです。

    コアコンピタンス、という言葉がありますが
    日本企業としてのなにか強みが無形なもの、人、文化、気質といった面で
    復活に向けて源泉になにかがあるはずと信じているのですが
    お言葉を聞いてしっくりきた部分があります。
    グローバルでは、ミッションをはっきりし、ある意味成果主義での組織運営で結果をだすようなイメージでいるのですが、
    日本の何か良さ、らしさ、が組み合わさることでお客様により認められる会社へ
    前進していければと個人的に考えております。

    また私はサッカーファンでもあり、日本サッカーは
    日本らしさ、日本の強さを活かした強化が進んでいると思います。
    それはチームワーク、俊敏性、規律性、その結果がパスワークとフリーランを
    中心とした代表チームとみております。
    (少し浅はかであれば失礼いたします)

    たまたま先生の行動科学マネジメント入門を拝読し、興味を感じた次第でして、
    ブログを訪れたところ身近な内容の記載で、何かご縁を感じ感謝したいと思います。
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA